フラワーエッセンスと癒しの力

感情をコントロールすることの難しさ

ここ数年、書店などで「感情」という言葉が入った本をよく見かけませんか?

人生でもっとも大事とされているのは、「健康」「お金」「人間関係」だといわれます。

ですが、もしそれらが全部手に入ったとしても、感情にふりまわされてイライラしてばかりでは、とても幸せとはいえませんよね。

たとえ、いま人間関係に恵まれていても感情のコントロールができない人は、やっぱり敬遠されがち。

それは大人も子どもも同じですよね。

学校では「感情のコントロール法」は教えてくれませんが、感情にまつわる問題は誰もがぶつかるもの。ここでは、感情に対処する方法の一つとしてフラワーエッセンスをご紹介します。

感情と花のエネルギー

呼吸を整えたりイメージトレーニングをしたり、感情を整える方法はいろいろあります。

ただ、どの方法を選ぶにしても、その場しのぎでは、ほんとうの問題はなくなりません。

自分の感情を見つめ、その根っこにあるものに気づかせてくれるもの、それがフラワーエッセンスです

フラワーエッセンスを発見する

1930年代のイギリスに一人の医師がいました。その医師は、あることをずっと考えています。

「薬を投与しても、なぜ回復しない人がいるのだろうか」

“名医”とも呼ばれたこの医師は、これまでたくさんの人を助けてきましたが、どういうわけか薬が効かない患者がいたのです。

この医師の名は、エドワード・バッチといいます。後に、「バッチフラワー」とか「フラワーエッセンス」などと呼ばれる方法を生み出した人です。

ほんとうの病気の原因

「薬で回復しないのは、ほんとうの原因に働きかけていないからではないだろうか」

そう思ったバッチは、考えに考え、探究を重ねました。そして、あるとき病気の本当の原因を突き止めたのです。

彼が発見したもの、それは感情でした。

心のしこりやわだかまりといった感情こそ、病気のほんとうの原因であると見抜いたのです

たしかに薬では感情は癒されません。

バッチは、「回復しない患者がいたのは、心の問題が未解決のままだから」ということに気づいたのです。

その後、バッチは人の感情を癒す方法を見つけ、多くの人びとを救っていきます。

フラワーエッセンスで感情を癒す

バッチが発見した方法は、とても意外なものでした。

野に出かけ、花をつみ、その花のエネルギーを水に写しとったのです。

なぜ、そんなやり方で効果が出るのか、まだはっきりとは解明されていません。

ですが、バッチはこの花のエッセンスを使って、実際にたくさんの患者を救いました。

そして、今ではフラワーエッセンスの方法に賛同する医師やセラピスト、個人などが世界中に広がっています。本もたくさん出版されています。

最近では、日本でも年々利用者が増えているように感じます。

フラワーエッセンスは誰でも使える

もし、「自分の感情を根っこから変えたい」とか「もしかしたら心に問題があって症状が出ているのかもしれない」と思うなら、ぜひフラワーエッセンスをお試しください。

エッセンス自体はインターネットでも買えますし、探せばお店に置いているところもあります。当店でもフラワーエッセンスをご用意していますので、興味があればお気軽にお越しください。

わからないことがあれば遠慮なくおたずねください。

まずは気軽に利用していただければと思います。

Follow me!